CRM:LINE公式アカウントのLINEチャット機能をanybotで行う方法


利用シーン

anybotを使ってLINE公式アカウントのLINEチャット(旧LINE@の1:1トーク)機能を使うと、以下のようなことを実現できます。

  • チャットボットとLINEチャットの併用利用
  • チャットボットの返答内容をCRMに自動でデータ保存
  • 企業の担当者とLINE友だち(お客様)の紐づけ
  • 該当のお客様について、企業の他の担当者にチャットで質問
  • 営業フォローアップの進捗や、カスタマーサポートの対応進捗管理

美容カウンセリングを行う美容やコスメ業界、顧客販売がある車のディーラーや保険業界、カスタマーサポートの対応が必要な小売やEC業界、個人面談などがある教育業界など、多くの企業がLINE公式アカウントを使って直接お客様とLINEチャットができます。


設定方法

ユーザ画面

1:anybotの管理画面のトップメニューから「ユーザ」を選択
2:右上のユーザの種類から「LINE」が選択されていることを確認
3:LINEチャットしたいユーザーを選択

anybotのLINEチャット1

4:ユーザの詳細画面の右下からLINEチャットを開始します。 anybotのLINEチャット2

*ここで送信する際、LINE公式アカウントの配信通数を消費します。テキストが一言であっても、1通配信したとカウントされます。

5:チャットする手段を選択します。
会話:事前に作っておいたチャットボットの会話フローを送信
テキスト:自由入力のテキストを送信
写真:写真データを送信
絵文字:スタンプを送信

anybotのLINEチャット3

会話を送信する場合、オレンジ色が「会話グループ」、白色が選択した会話グループ内の「会話・アクション」一覧から選択して送信します。

スタンプを送信する際は、表示されるスタンプを選んで送信します。

anybotのLINEチャット4


エボラニにご相談ください!

エボラニにご相談や設定代行を依頼したい場合は、以下よりお問い合わせください。

新機能

App作成・設定

会話フロー

ミニアプリ

サービス公開

外部連携

CRM顧客管理&MA

配信機能

アンケート

店舗管理

イベント管理

anybot操作・設定

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?