新機能:ユーザ一覧画面からCSVでユーザデータを更新


anybot利用者の皆さん、こんにちは。

今回はユーザーのCSVデータの更新や管理が、さらに簡単にできる機能を紹介します。

更に、この機能を使うことで、ユーザーのタグが簡単につけることができて、セグメントを作ることができます。
プロモーションする際に、セグメントごとにアプローチすることもできます。

それでは、CSVデータを更新する方法を見てみましょう。

anybotの管理画面から、ユーザーを選択して、
右下にある「CSV関連」を選択すると、ポップアップ形式でCSVメニューが出てきます。

undefined

CSVデータを更新したい際に、CSVで更新を押して、CSVデータをエクスポートします。

編集できるのが、下記テンプレートファイルの画像のように、ユーザーのID、名前、性別、お誕生日、email、郵便番号、住所やタグなどです。


undefined テンプレートファイルは「CSVテンプレート」でダウンロードすることができます。
編集したCSVデータ保存して、インポートした後にユーザー一覧に反映します。


エボラニによる設定代行(別途料金)をご希望の場合は、以下よりお問い合わせください。

新機能

App作成・設定

会話フロー

ミニアプリ

サービス公開

外部連携

CRM顧客管理&MA

配信機能

アンケート

店舗管理

イベント管理

anybot操作・設定

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?