【最新】話題のChatGPTとは?〜基本情報から使い方までご紹介〜(4月12日時点)

undefined

この記事は約3分で読めます。

今、世間を賑わせている最新機能「ChatGPT」
ですが、

「耳にしたことはあるけど、実際どんな機能なの?」
「使ってみたいけど、よくわからない.....」

と思う方も多いのではないでしょうか?

今回は、注目されているChatGPTとはどんなサービスなのか?をご紹介したあとに、使い方を解説していきます。

目次

1.ChatGPTとは

ChatGPTは米国のOpenAI社が開発した自然言語処理のための人工知能(AI)です。
2022年11月に公開されて以来、わずか2か月で利用者が1億人を突破し、次世代の産業革命を起こすと、世界で注目されています。
質問を打ち込むと、人工知能があたかも人間と会話しているような自然な言語で回答し問い合わせに迅速かつ自然に応答することができます。

2.ChatGPTの課題

現状のChatGPTはネットにある既存の情報を元に会話や資料を生成する事から、個別企業や製品についての情報に対応できなかったり、アップデートされた情報ではないことがネックとなっています。
こうした情報を学習させる事は可能ですが、AIエンジニアの高いコストと、時間がかかります。
ChatGPTをLINEで利用する既存のサービスだと、個々の企業のLINE公式アカウントやサイトにおいては利用できないのが現状です。

3.ChatGPTの使い方

ChatGPTの利用の仕方は以下のフローで完了できます。
複雑な設定などの必要はないため、とてもシンプルなので誰でも簡単に始められます。

3.1利用手順

1.ChatGPTの「公式サイト」にアクセス
2.「人間であることを確認します」にチェック undefined

3.「Sign up」をクリック ※既に、アカウントをお持ちの方は「Log in」をクリック undefined

4.メールアドレスを入力し、「Continue」をクリック ※Googleアカウントまたは、Microsoftアカウントでサインアップをご希望の方はそちらをクリック undefined

5.パスワードを入力し、アカウントを作成 undefined

6.①お好みのプロンプトを選択し、②に質問やコマンドを入力 undefined

3.2ChatGPTのAPIキーの発行手順

  1. 下記URLをクリック
    APIキー発行URL
  2. [creat new secret key]をタップ
  3. 名前を入力し、[creat secret key]をタップ

以上、ChatGPTの基本情報や、利用手順についてご紹介しました。
記事内でも記述しましたが、ChatGPTだけでは課題が多いのも事実です。
それらを解決し、より有効的に活用が可能なanybot for ChatGPTについては下記ボタンからお問い合わせください。

その他の記事を読む


関連記事 「ChatGPTの活用方法を一挙公開!企業が使う際のリスクと対策とは!?

Try anybot now

78M people use LINE for 1 hour/day
It's time to engage them where they spend the most of their digital freetime.