LINE予約機能のリマインド配信について

Thumbnail

美容室や飲食店など、予約が必要なショップにとって、顧客に予約や予約のキャンセルを 忘れられてしまうのは大きな打撃となります。
LINEのリマインド配信は、そんな顧客の予約忘れ・キャンセル忘れを防止するために 役立つ機能です。
この記事ではLINEのリマインド配信機能について詳しく解説します。
店舗の運営にLINE公式アカウントを活用している人は、この機能を取り入れてみては いかがでしょうか。

リマインド配信とは

リマインド配信とは、美容院や飲食店など予約の必要なショップにお客様が予約をしたとき、
そのお客様に予約をしたことを思い出してもらうためにショップ側からメールやSMSなどで メッセージを送ることをいいます。
スケジュール管理によく使われているリマインド機能を、ビジネスの場で上手に活用している例だと
いえるでしょう。

活用するメリット

スマホを利用している人のほとんどがLINEを利用していることから、LINEは電話やメールと 比較するとハードルが低いコミュニケーションツールではないでしょうか。
そのため、LINEを活用したビジネスなら、非常に幅広いターゲットを狙うことができます。
例えば、ショップのLINE公式アカウントをお客様に登録してもらって、LINE上で予約が できるように設定することもできるのです。
インターネット上にもさまざまな予約システムが存在しますが、行きたいショップの LINE公式アカウントを登録してそのまま予約ができれば、ブラウザや他のアプリなど 別の手段を使う必要がなく楽に予約を取ることができるでしょう。

しかし、気軽で簡単に予約が入れられる分、予約したこと自体を忘れてしまうことも 増えるかもしれません。
そこで、リマインド配信機能が活躍するのです。
日頃からお友達や家族との連絡に使っているLINEなら、メールよりも見落としにくいという メリットがあり、通知をチラッと確認するだけでも予約をしていたこと、
予約をキャンセルしようとしていたことを思い出してもらえる可能性が高くなるでしょう。

効果的に使う方法

LINEアプリで予約ができるという時点で、ショップに予約を入れるハードルはかなり下がります。
しかし、LINEで予約を入れられるといいながら、いざ予約をしようとすると他のブラウザや アプリに移動するシステムになっていることも多いものです。
実は、この「LINEアプリから別の場所に移動してしまう」時点で、難しさを感じ挫折してしまう人は
少なくありません。
LINEから他のブラウザやアプリに移動することなく、すべてをLINEアプリ内で完結できることは、
集客において意外と重要な要素なのです。

「anybot」は、LINE上で予約やリマインド配信ができる便利なツールです。
予約機能はもちろんのこと、チャットボットによる自動接客、顧客データを自動分類して保存し 集計分析をしてくれるなど、LINEでのビジネスをフルサポートしてくれます。
ショップを運営する上でも、ショップの機能をLINEをメインにして集約したほうが 使い勝手が良いはずです。
「anybot」はLINEの外部ツールではありますが、ビジネス機能をLINEに集約したショップ運営を
することができます。
LINEでショップに予約をしたら、リマインド配信もLINEで受け取れたほうが、 顧客にとっても違和感や不信感を感じずに済むでしょう。

活用シーン

では、「anybot」を利用していると仮定して、リマインド配信機能の活用シーンを紹介しましょう。
「anybot」はリマインド機能だけでなく、LINE上で動作するミニアプリを作成することができます。
これによって予約や決済などのシステムをLINE上で完結することができるのです。
リマインド機能によるきめ細やかな顧客サービスや予約管理などが可能になるほか、 顧客データを分類・保存して分析してくれるのでマーケティング・経営戦略を立てるのにも 役立ちます。

飲食店を経営するAさんは、予約は電話を使った昔ながらの方法に限っていました。
しかし、時代の流れに対応して店舗のLINE公式アカウントを取得し、 さらに思い切って「anybot」を導入して顧客を管理することにしたのです。
気軽に予約をしてくれる顧客が増え、さらに煩雑な作業になるはずの予約の管理も スマートにできるためAさんはとても喜んでいました。

Thumbnail


しかし、来店日の予約時間になっても予約した顧客が来ないことがときどきありました。
そこで、当初は利用していなかったリマインド機能を使ってみることにしたところ、 当日に来ない顧客が激減したのです。
またリマインド配信により、予約をしていたことに気づいた顧客から、予約していたのを 忘れてしまいがちだけどリマインド配信のおかげで思い出せるから助かると お礼を言われることも増えました。

Thumbnail

Aさんは一括配信なども利用して、フェアのデジタルチラシやクーポンなどのお得な情報を 定期的に配信したり、顧客のデータ分析を活用して業務を改善したり、 新しく工夫をしてみたりと、効果的で無駄の少ない店舗運営の戦略を日々熟考することが できるようになったのです。

LINEのリマインド機能で、来店日直前に顧客に予約を思い出してもらおう!

LINEを使ったショップの予約は気軽にできて簡単な分、顧客が予約をしたことを忘れて 来店日に来ないというリスクも生みます。
そのリスクを防止するには、ショップ側からのリマインド配信が有効です。
予約システムやリマインド機能などはすべてLINEアプリ上で完結できるようにすると、 顧客にとっても利便性が高く信頼度が上がります。
ぜひanybotを導入して、効果的なリマインド配信をしてみませんか?

anybotを作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?