ミニアプリを使って、流入元を計測する方法


ユーザーをLINEへ誘導する際に、ミニアプリのURLを使って流入元を計測する方法を紹介します。


以下手順となります。
①管理画面から、APP設定を押して、ミニアプリを選択。
②使いたいミニアプリの右上に表示「LINE LIFF URL」の一番後ろに"&ref=" をつけ、任意のパラメータを入力。


undefined

実用例


Emailに貼るリンク
https://line.me/R/app/xxxxxx-xxxxxx?type=app&b=xxxx&v=xxx &ref=email

Facebookに貼るリンク
https://line.me/R/app/xxxxxx-xxxxxx?type=app&b=xxxx&v=xxx&ref=facebook

LINEに貼るリンク
https://line.me/R/app/xxxxxx-xxxxxx?type=app&b=xxxx&v=xxx&ref=line

*注意
①上記URL内の "x" には、実際に使う時、それぞれミニアプリ右側に表示されるURLに入れ替えてください。
②"&ref="の後ろに利用できるのは、ローマ字と数字と特殊記号「-._~:/?#[]@!$&'()*+,;=」のみです。空白は使えません。


例えば、リンクの後に&ref=featureを加えると、
リンクを踏んだユーザーは,「feature」のタグが付けられます。

「feature」のタグが生成されることで、該当するURLからアクセスしたユーザーのセグメントが作れるようになります。
手順としては、

①「セグメント作成」 を押す。
②REFに表示される「feature」を選択。
③セグメントの名前を付けてセグメントを保存します。


undefined

それぞれのリンクを踏んだユーザーはそれぞれのセグメントに表示されます。


undefined

複数のパラメーターを加える場合

上記でご説明をした:「&ref=〇〇」に同時に複数のパラメーターを設定したい場合は、

行いたいうこと:

雑誌に投稿した記事に貼り付けたQRコードから、LINEへどのくらい流入したのかを計測したい。さらに、どの日付に発売された雑誌で、何ページ目のQRコードを読み取ったのかを計測したい。

パラメーター①:媒体(雑誌)
パラメーター②:記事の投稿日時
パラメーター③:記事の投稿ページ

この例で、任意のパラメーターを作成していくので、
「ref=〇〇&ref=〇〇&ref=〇〇&ref=〇〇」
の文法は、
「ref=magazine&ref=post20191211&ref=pagenumber20」 のような形で行っていく事が可能になります。

新機能

App作成・設定

会話フロー

ミニアプリ

サービス公開

外部連携

CRM顧客管理&MA

配信機能

アンケート

店舗管理

イベント管理

anybot操作・設定

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?