anybotのLINE接続方法

anybotで作成したボットを実際のLINEアカウントに接続していきます。

① anybotの作成画面[APP設定]画面を開き、

②右上部分にある [LINE接続]を押します。

③ anybotとLINEを接続するには、以下の③つの情報を[LINEで接続]に入力する必要があります。

LINE Channel ID
LINE Account Name
LINE Channel Access Token

接続に必要になる3つの情報を取得するため、 [LINE Developers]へアクセスし、サインインをします。

undefined

※まだLINE公式アカウントをお持ちではない場合は、こちらよりお問い合わせください

④ LINE Developersの画面では、 LINE接続を行いたいアカウントをプロバイダー一覧から選択し、クリックします。

undefined

⑤ 使用したいアカウントをクリックをすると、「チャネル基本設定」の欄にアカウントに関わる情報が表示されます。このページで、下にスクロールし③に必要な情報を集めます。

undefined

⑥ 3つの情報をanybotの操作画面[LINEで接続]の空欄に貼り付け、保存を押します。
保存が完了すると、LINE webhook URLとQRコードが表示されます。

LINE Channel ID は以下をコピーしてください
undefined

LINE Account Name は以下をコピーしてください
undefined

LINE Channel Access Tokenは以下をコピーしてください undefined

undefined

⑦ LINE webhook URLをコピーし、LINE Developersのページへ戻り、[メッセージ送受信設定]にある[Webhook送信 ]を「利用する」に選択を入れ、URLをペーストし、「更新」ボタンを押します。

undefined

⑧次に、登録時の挨拶と応答メッセージを変更するため、LINE@機能の利用を押し、設定はこちらを押します。

※登録時のあいさつや、応答メッセージは、変更をしないままにしておくとLINEのデフォルトメッセージが表示されます。必ず変更をしてください。

undefined

LINE@Managerの画面が開きます。

応答設定の基本設定にあるあいさつメッセージを「オフ」に変更します。

undefined

⑩ 次に詳細設定、応答メッセージ設定をクリックし、ステータスをオフに変更してください。

undefined

※この作業の終了後、必ず先程の応答設定のページへ戻り、詳細設定、webhookを確認し、「オン」になっていることを確認してください。

⑪最後に、①から⑩までの作業が完了している事を再度確認し、anybotの設定画面に戻り、右上に表示されている「公開する」を押します。

これでanybotで作成したボットとLINEアカウントの接続ができました。

LINEアカウントに反映ができているかを確認してください。

undefined


【anybot有料プランのご利用を検討ください】

*anybotの無料プランは、LINE / Messenger / Webの連絡先がわかるユーザーの全てを含む10名までが利用可能です。

LINE接続を行った後、10名を超えたユーザーにはチャットボットは起動されません。

また、後ほど有料プランに変更しても、無料プランご利用中でユーザー数を超えてしまったユーザー情報を収集することはできません。

無料プランをご利用でLINE接続を行う場合は、ご注意ください。

新機能

App作成・設定

会話フロー

ミニアプリ

サービス公開

外部連携

CRM顧客管理&MA

配信機能

アンケート

店舗管理

イベント管理

anybot操作・設定

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?