企業の活動事例から学ぼう!ユニクロのLINEアカウントを有効活用

定期的な情報の発信や会員の管理にLINEの利用を考えていますか?

この記事ではLINEアカウントでリッチメニューの運用、掲載するデジタルチラシをどのように広告していくのか、会員の証である会員バーコードの使い方を紹介します! そして、企業のLINEアカウントをどのように運用していくのか提案させていただきます。

ユニクロのLINE公式アカウントの活用事例を紹介します!

ミニアプリ活用UNIQLO3
(画像参照元:ユニクロLINE公式アカウント

ユニクロのLINE公式アカウントでは、ユニクロ商品の情報をいち早く入手でき、会員バーコードの利便性も高い事で評判です。 効率よくLINEのアカウントを利用するため、いくつかある利便性の高い機能を見ていきましょう!

ユニクロの公式アカウントのリッチメニュー機能とは?

こんにちは。anybotのChikaです!

一緒にユニクロのLINE活用法を勉強していきましょう!

ユニクロのリッチメニューのキーポイントは、会員ページに飛ぶことができ オンラインストア会員でログインができることと、クーポンの確認ができます。また、その際にはユニクロの公式オンラインストアに登録する必要があります。

会員ページとは?

リッチメニューで表示されるのは、会員ページにはクーポン情報が表示されており、クーポンの使用ができます。公式のオンラインストアとつなげる役割にもなっています。

会員バーコードとは?

ユニクロのLINE公式アカウントに表示される会員バーコードは、利用者のお客様番号であり、ユニクロ店舗での購入時に使用します。また、キャンペーンである抽選にも参加ができるなど、便利な機能です。

#1.リッチメニューの使い方と項目

リッチメニューとは多くのLINE公式アカウントを利用している企業が導入しているサービスで、LINEのトークページ下に固定の項目を表示します。ユニクロのアカウントならば、オンラインストア、コレクション、チラシ、会員バーコードなどが表示されます。

ミニアプリ活用uniqlo1
(画像参照元:ユニクロLINE公式アカウント

#2.デジタルチラシによる広告

ユニクロのデジタルチラシは新作の情報やセールの広告など幅広く使われています。定期的にユニクロ側から自動で配信されるため、新聞広告よりも気づき安いです。

ミニアプリ活用uniqlo
(画像参照元:ユニクロLINE公式アカウント

#3.会員バーコードの使い方と機能

ユニクロのLINE公式アカウントには、オンラインストアと繋げることができ、会員バーコードを表示できます。このバーコードはユニクロの店舗での購入時に提示すると、過去の購入履歴をチェックできます。さらに、抽選に参加してクーポンをゲットできるチャンスもあります。

ミニアプリ活用uniqlo1
(画像参照元:ユニクロLINE公式アカウント

御社のMini app(ミニアプリ)に参考にするなら?

1:LINEのリッチメニューの利用
LINEのリッチメニュー機能は、必須になります。LINEのトークページに項目を作成しておくことで、使用するユーザーはこのLINEアカウントでどのようなサービスを受けられるのか知られるからです。

ミニアプリ活用UNIQLO   ミニアプリ活用UNIQLO2

2:デジタルチラシの運用
デジタルチラシの運用は必須になります。紙媒体の広告よりもスマートフォンで、なおかつ多くのユーザーがいるLINEの方がチェックする確率は上がります。そのため、デジタルチラシの運用も必須になります。

ミニアプリ活用UNIQLO4

3:会員バーコードの導入
会員のシステムを構築することで、情報共有や、会員に向けたキャンペーンなどがやりやすくなります。毎回Webサイトから会員にログインするよりも、バーコードリーダーを表示することでユーザーの時間短縮にもなります。

ミニアプリ活用UNIQLO3

御社でもMini app(ミニアプリ)を運用してみませんか?

Mini app(ミニアプリ)の作成は簡単なプログラミングの知識で開発できます。ユニクロのような世界で活躍している企業も導入しているほどのサービスです。お試しで無料作成ができるので、一度試しに作成しましょう。

他にも、別の企業のLINEやFacebook、チャットボットなどのMini app(ミニアプリ)のアイデアも紹介していきますね!

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?