セグメント作成

ユーザーを属性ごとにグループ分けをすることができます。

ユーザーの属性を「セグメンテーション」と呼び、ユーザーグループは「セグメントグループ」と呼びます。

設定方法

1.[ユーザ]画面
2.左側メニュー下部の[セグメンテーション]を押す
3.セグメントの設定を入力

セグメントで設定できる条件

セグメントは以下のような条件で作成することが可能です。

  • 「会話・アクション」の「通知・詳細」で設定できるUkey
  • 手動で設定するタグ
  • 「選択式ボタン」で作成したボタン

その他のセグメント条件

セグメント設定に関して、以下の方法でもユーザーをセグメントすることが可能です。

Basic Attributeの設定ガイド:

①登録日「0」日から「0」日の間 : アカウントを登録した日数内でユーザーをセグメントします。

②登録日 カレンダーアイコン 〜 カレンダーアイコン :選択した日付内にアカウントを登録をしたユーザーをセグメントします。

③最終訪問日「0」日から「0」日の間 : アカウントを最後に操作した日にちの日数内でユーザーをセグメントします

④最終訪問日 カレンダーアイコン 〜 カレンダーアイコン : アカウントを最後に操作した日付内でユーザーをセグメントします。

⑤操作回数 「0」回から「0」回の間  :ユーザーの操作回数でセグメントします。

⑥既存属性 : ユーザーが選択した属性(性別等)でセグメントします。

Additional Attributeの設定ガイド:

同じ「会話・アクション」内の選択肢間は「OR」 ただし、「単一選択」の「会話・アクション」については、一つしか選択できないため AもしくはBを選択した人」ではなく、「Aを選択した人」「Bを選択した人」というセグメンテーションを複数つくる必要があります。

別の「会話・アクション」内の選択肢間は「AND」

「除外」によるセグメンテーションはできません。

例えば、複数ボタンがある中「Aを選んだ人以外の人」というセグメンテーションを作ることはできません。

[保存]を押す

セグメント名を入力する画面が表示されるので、セグメンテーション名を入力し「保存」を押す

undefined undefined undefined undefined

新機能

App作成・設定

会話フロー

ミニアプリ

サービス公開

外部連携

CRM顧客管理&MA

配信機能

アンケート

店舗管理

イベント管理

anybot操作・設定

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?