ユーザが入力した内容や返答した内容を、別の会話で表示させたり、セグメントグループで利用する方法

利用シーン

ユーザがチャットボットに対して返答したり、選択したボタンに、「ユーザ情報キー名」(属性キー、Ukey、変数とも言います)を設定しておくことで、別の会話で入力された情報を表示させることが得出来ます。

他の会話などで同じ情報を聞く際に、同じ「ユーザ情報キー名」を利用することで、情報更新を自動で行うことが可能です。

また、セグメントグループを作る際にも情報を引き継ぐことができるため、「ユーザ情報キー名」を設定しておくことをお勧めします。


設定方法

「会話・アクション」における「ユーザ情報キー名」(属性キー、Ukey、変数とも言います)の設定

1:トップメニューの「APP設定」>「会話フロー」で、チャットボットを作ります。

2:「会話・アクション」のパーツそれぞれにある「通知&詳細」をクリック undefined

3:「ユーザ情報キー名」に任意のローマ字を入力 undefined

*anybotで既に設定されている基本の「ユーザ情報キー名」(属性キー、Ukey、変数とも言います)は、
「文字入力後の設定」の「パターン」を利用した「会話・アクション」で入力された情報に利用されています。
上記設定に利用している「ユーザ情報キー名」のローマ字については、こちらよりご確認ください。

「ミニアプリ」における「ユーザ情報キー名」(属性キー、Ukey、変数とも言います)の設定

1:トップメニューの「APP設定」>「ミニアプリ」で、ミニアプリを作ります。

2:ミニアプリの各パーツをクリックして表示される「ユーザ情報保存時のキー名(オプショナル)」に
任意のローマ字を入力し、保存 undefined

設定した「ユーザ情報キー名」を利用する

チャットボットに表示させる

1:会話・アクションに、テキストで {{user.ユーザ情報キー名}}と入力します。
undefined

*クリックして表示される「変数一覧」からも設定することは可能です。
何か問題が発生した場合は、上記の通り手動で入力してご利用ください。 undefined

ユーザ情報を自動更新させる

例えば、初期アンケートで聞いた情報を、別の会話・アクションで同じ質問をすることで、ユーザ情報を更新したい場合、別の会話・アクションの「通知&詳細」の「ユーザ情報キー名」を同じローマ字で設定することで、ユーザ情報を自動更新させることが可能です。


エボラニによる設定代行(別途料金)をご希望の場合は、以下よりお問い合わせください。

新機能

App作成・設定

会話フロー

ミニアプリ

サービス公開

外部連携

CRM顧客管理&MA

配信機能

アンケート

店舗管理

イベント管理

anybot操作・設定

まずは無料で作ってみませんか?

7800万人の方々が、毎日1時間以上、LINEを使っています。
お客さまの身近なところで、御社のビジネスを最先端の手段で加速させませんか?